2010年06月01日

万博の割込み作戦



上海万博のパビリオンの行列で、中国人の割り込みが日本のマスコミでも話題になって

いますが、割込みする為に色々な作戦も考えているみたいです。

(車イスがダメならベビーカー)という題名の記事でした。(笑えます。)↓↓

「健常者が車いすを借りてきて、優先入り口から上海万博の各パビリオンを見学しよう
という市民が急増しているため、各国パビリオンでは車いすを利用している人への証明書
の提示を求めるなど対策に追われているが、今度はベビーカーを使って、優先入り口から
パビリオンを見学しようという子供連れが増えている。
主催者側によると、上海万博には1500台のベビーカーが常備されているが、こちらも
開園後1時間以内ですべて貸し出されてしまうと言う人気だ。200元のデポジットで、12時間
使えるという。ただし、借りた場所に返す必要がある。
このベビーカーはもともと3歳以下の子供用に準備されたが、実際には6~7歳の子供でも
使われているという。各国パビリオンによって対応が違うが、子供の年齢制限を決めている
ところもあり、ベビーカー利用者がすべて優先入り口を使えるというわけではなさそうだ。」

こんな事までしてまで早く入場したいというハングリーな所が中国らしいですね。

でも、真夏の上海は40℃前後の気温になるので、人気パビリオンに4時間行列なんてしたら、

屋根も無い所が多いので熱射病の人が多発するのでは?

夏休みを利用して、上海万博へ旅行を計画している方は必ず日傘と携帯用イスを持って万博会場

へお出掛け下さい。



  

Posted by 上海 MIKASA at 06:43Comments(0)