2009年08月17日

中国の戸籍



昨日は、早朝からサマースクールに行っていた長女のお迎えに成田空港へ出かけました。お盆の帰国ラッシュで混んでいるかなと思いましたが、スムーズにお迎え終了。お腹が空いたと言う事で、何が食べたいかを聞くと「ラーメン」を食べたいと言ったので、地元のラーメン屋で食べてから帰宅しました。暫く日本食を食べられないと、何故かラーメンかお寿司が食べたくなりますね。

中国で現地の中国人を採用する時に重要となるのが戸籍です。中国の戸籍は大きく2つに分かれていて、町戸籍と農民戸籍(田舎)に分かれています。それによって、政府からの保障や事故での賠償問題になった時にも金額が違ってくるらしいのです。私の会社がある上海はまた特別で、上海人戸籍ですと、地方出身者と違いいろいろな優遇政策があり、地方人は上海戸籍に憧れます。地方人が上海戸籍を取得する事は、非常に大変で、最低限4年生の大学を卒業している事、7年間一定限度の納税をしている事その他で、非常にハードルが高いのです、そして上海戸籍を新たに獲得した人の事を「新上海人」と呼んでいます。ただ企業にとっては上海人を雇用すると、地方人に比べて会社が負担する保険等の費用が非常に大きいので、上海人雇用は敬遠されていました。上海市内では上海人雇用が減った為に今年の7月より、地方人の町戸籍の人にも上海人並みに社会保険の会社負担金を一気に増やしたのです。
上海市内の人数の多い事業所は大変です。
写真は中国人の方が全員持っている身分証で、ホテル宿泊や飛行機搭乗の際は必ず必要になる非常に大切なカードです。
  

Posted by 上海 MIKASA at 11:49Comments(0)