2009年08月16日

靖国神社参拝



昨日は、終戦記念日でしたね。そして私事で言えば、今年は父の新盆でお寺のご住職にいらして頂きお経をあげて頂きました。終戦記念日で話題になるのが、どの議員が靖国神社を参拝するかという事がとりあげられ、中国人の方も非常に関心を持って報道を見ているようです。小泉総理の時は、中国人の方に小泉首相の靖国神社参拝問題で何回も質問されました。中国のテレビ局の中には、一日中殆ど反日の戦争ドラマをやっている局もあるくらいなので、日本は恐ろしい国家というイメージが根強く残っていますし、中国人の方が知っている日本語の中で、一番知っている言葉の中に、「バカヤロウ!」という単語だと言う人もいます。
この「バカヤロウ!」は有名な反日戦争ドラマで良く使われていた言葉らしいです。
もし中国へ行かれたら、旅行中にバカヤロウ!と言う言葉を使わないように気をつけて下さい。
中国人の方で40代以上の人は、日本国に対するイメージは、非常に悪く侵略国家というイメージですね。
早く中日友好をもっと深めて、戦争の無い平和な世界の為に協力しましょう。
  

Posted by 上海 MIKASA at 07:28Comments(0)