2009年08月13日

便利な銀聯カード



中国公司での収入は当然人民元での収入になります。人民元は以前まで、日本の銀行では、日本円に両替が出来無くて、大変不便な思いをしました。。中国の銀行でも日本円を人民元に両替した時の伝票が必要で、両替した金額以内で日本円に戻して貰っていました。
ですから、以前は人民元で給与を貰っても中国国内で使うしか方法が無かったのです。しかし、銀聯カードの出現で大きく変わりました!セブン銀行・三菱UFJ等のATMで、1日11万円の現金が出せるようになりましたし、各多くの百貨店や専門店で、中国人富裕族の方が、大高額な買物に銀聯カードを使用して購入されるようで、中国人富裕族獲得の為に使えるお店がどんどん増えて来たので嬉しい限りです。中国の銀行でキャッシュカードを作ると必ず銀聯カード機能が付いていて、デビットカードと同じように口座に残っている金額分の買物ができます。もう人民元で給与貰っても日本でも通常のキャッシュカードのように使えますよ!
考え方によっては、人民元は切上げになるし、銀行金利も高いので中国で貯蓄した方が賢いですかね。
10年以内に人民元も国際通貨になるでしょうね。
それまでに、儲けられるように頑張るぞ!!
  

Posted by 上海 MIKASA at 09:18Comments(2)